子宮内膜症やヘルニアの痛みは漢方や病院治療で改善│病気基本ガイド

先生

死ぬ病気ではありません

早期発見が大切

女性

日本人の2人に1人がなるとなると言われている病気が「がん」です。がんは、全身で発症する可能性がありますが、女性に発症することが多いのが「乳がん」です。がんというと、以前は死を覚悟しなくてはならないような病気でしたが、現在は早期発見・早期治療を行なうことにより、多くの人が日常生活をおくることが出来るようになっています。乳がんの場合は、早期発見で適切な治療を受けることが出来れば9割以上が治るとされています。しかし、初期段階では自覚症状が無いこともありますので、早期発見のためには定期的に検診を受けるということが重要になります。乳がんの治療は、摘出手術だけではなく、効果の高い抗がん剤などからも選択することが出来るという特長があります。

検査を受けてみよう

乳がん検診を受けたからと言って、その全てでがんを発見することが出来るというわけではありません。しかし、検診を受けることで早期発見をすることが出来る可能性が高まるのも事実です。検診も大切ですが、最も大切なことは自分の体の変化に気が付くということです。鏡などで形を確認したり、定期的に触ってみるなどしてしこりなどの異変が無いかということを確認するようにしましょう。乳がんは、年齢や出産の有無に関わらず発症する可能性のある病気ですので、高齢になったからと言って油断するのは注意が必要です。最近では、検査を受けることが出来る施設の数も増えてきていますし、医師や看護師が女性のみというところもありますので、リラックスして検査を受けることが出来るでしょう。