子宮内膜症やヘルニアの痛みは漢方や病院治療で改善│病気基本ガイド

先生

ヘルニアの新たな治療法

レーザーで治せるヘルニア

病院

椎間板ヘルニアの従来の治療法は、メスで切開してヘルニアとなっている部分を取り除くことでした。最近ではPLDDという療法が人気を集めています。この治療法はレーザーによってヘルニアとなっている部分を蒸散させるものです。治療時間は数十分程度と非常に短く、入院の必要もなく、更にメスを入れて切開する必要がないため、椎間板ヘルニアの患者に非常に優しい治療法として人気を集めています。また、PLDDは全身麻酔ではなく局所麻酔となるため、全身麻酔に大きな不安を抱える患者にとってもヘルニアの治療の敷居が下がり、人気と注目度を増しています。副作用もほとんどないため、ヘルニアを抱える方にとっては理想的な治療法ができたと言えるでしょう。

レーザー治療の知識

患者にとってメリットが多いPLDDですが、日本ではまだPLDDに対して保険が適用されておらず、高額療養費制度などを用いて還付を受けることができません。しかし、民間の保険会社では先端医療として保険の対象としているところも増えてきていますので、治療を検討する方は加入済みの保険会社に確認をしましょう。また、これから保険に加入する方も、椎間板ヘルニアは誰にでも起こりうる疾患ですから、PLDDをはじめとする先端医療がきちんと保険の対象となっているかに注意して検討するとよいでしょう。PLDDの治療費自体は、ヘルニアの部位、状態によって個人差が大きいため、まずは専門の医療機関を受診して判断することも大切です。